【対応地域】江別市、北広島市、札幌市、岩見沢市、南幌町、当別町、その他北海道全域 【対応業務・無料相談】遺産相続手続・不動産の名義変更、遺言等
江別・札幌(厚別)の相続・遺言・生前贈与等|司法書士・土地家屋調査士 すずかぜ合同事務所(旧 清水基陽事務所) > 全件表示 > blog > 司法書士の日常⑲「研修」

TOPICS

司法書士の日常⑲「研修」

更新日付 2018.03.24

こんにちは。
司法書士の大桃です。

3月末ですね。ようやく春を感じる日が増えました。
今日は土曜日ですが、ありがたいことに朝から来客が続いています。
ですが、午後からは司法書士会の研修に出席しなければなりません。

研修の参加は自由なので、「しなければならない」訳ではないですが、

参加を決めたときはやる気に満ちていても、当日の朝にちょっとだけ億劫になってしまうのは人間のサガです(やっぱり札幌の街中まで行くのは遠い・・)。


実は、私は昔から座学が苦手です。
もちろん、学ぶことは好きです。最近はkindleで電子書籍を読み漁ってます。
ただ、人の話を長く聞いているのが苦手なのです。

司法書士試験も土地家屋調査士試験も、独学ではありませんが、基本的には一人で黙々と参考書を読み続ける勉強スタイルでした。

何事も自分のタイミングでやらないと深く集中できません。
朝に集中できるのか、深夜なのか、家なのか、外出先なのか、大事なのは集中できるときに集中してやることだと思います。

この時間にやる!と決め打ちしてしまうと、その時に深く集中できなければ時間の無駄になってしまいます。


司法書士会も土地家屋調査士会も、必要単位数の研修参加を義務づけています。
会員の資質を高めることはとても大事です。

ただ、寝てても研修単位が取れてしまうのはちょっと問題ですよね。
全てとは言いませんが、試験形式の研修があっても良いと思います。


さて、そろそろ行かないと。。

今日は以上です。










最新の記事10件を表示

ページ先頭へ

ページ先頭へ

Copyright©2013 司法書士すずかぜ合同事務所  All rights reserved.