【対応地域】江別市、北広島市、札幌市、岩見沢市、南幌町、当別町、その他北海道全域 【対応業務・無料相談】遺産相続手続・不動産の名義変更、遺言等
江別・札幌(厚別)の相続・遺言・生前贈与等|司法書士・土地家屋調査士 すずかぜ合同事務所(旧 清水基陽事務所) > 全件表示 > blog > 知って得する法律豆知識!「相続放棄の無効」

TOPICS

知って得する法律豆知識!「相続放棄の無効」

更新日付 2014.05.14

こんにちは。

司法書士の大桃です。

前のブログでGWの予定について触れましたが、結局東北ではなく知床に行きました。
東北には桜が満開の時期をめがけて行こうと思います。

IMG_7419
(ウトロのオロンコ岩から見た景色です)

道内旅行はいつも車を使っていたのですが、今回はJRを使いました。
なんだかんだ片道7時間程電車に乗っていたのですが、全然苦ではありませんでした。

景色を楽しみながら、駅弁を食べ、少しだけお酒を飲む。
車旅ほど自由はききませんが、快適さは抜群ですね。


さて、今日は「相続放棄の無効」についてです。
相続放棄は家庭裁判所を通して行う手続きですが、実は、絶対ではありません。
絶対ではないというのは、覆る可能性があるということです。

例えば、相続財産の一部を自分のものにしていたり、3カ月の起算日を偽って相続放棄の申し立てをしたときに、裁判所が細かい調査をするわけではありません。
あくまで申立人が提出した書類の中で判断しますので、裁判所にバレなければ相続放棄が認められます。

しかし、債権者がこの事実に気付いて、相続放棄の無効確認訴訟を提起し、それが裁判所に認められれば相続放棄の審判が無効になってしまうのです。


何にせよ、相続放棄の内容に不備がなければ審判が覆ることはありませんので、ご相談をいただいたときに、包み隠さず状況をお話いただくことがとても重要だと思います。

今日は以上です。






最新の記事10件を表示

ページ先頭へ

ページ先頭へ

Copyright©2013 司法書士すずかぜ合同事務所  All rights reserved.