【対応地域】江別市、北広島市、札幌市、岩見沢市、南幌町、当別町、その他北海道全域 【対応業務・無料相談】遺産相続手続・不動産の名義変更、遺言等
江別・札幌(厚別)の相続・遺言・生前贈与等|司法書士・土地家屋調査士 すずかぜ合同事務所(旧 清水基陽事務所) > 全件表示 > blog > 知って得する法律豆知識!「遺留分対策」

TOPICS

知って得する法律豆知識!「遺留分対策」

更新日付 2015.08.21

こんにちは。

司法書士の大桃です。

暑さのピークが過ぎて、少しずつ涼しくなってきましたね。
夜にウォーキングをすると、少し肌寒く感じます。

少し前になりますが、大麻包括主催の元気塾というイベントで、終活についてお話をさせていただきました。
19名が参加され、皆さんとても熱心に聞いておられました。

質疑応答の際に、参加された男性の方から「こうしてこの場で話を聞けた人はとても幸運だと思う」というお褒めの言葉をいただけたので、時間をかけて準備した甲斐がありました。


さて、今日は「遺留分対策」についてです。

遺留分とは、法定相続人に必ず認められた最低限の相続分で、遺言をのこしたとしても遺留分の権利を奪うことはできません。

ですので、遺言書をかくときは相続人間でトラブルが起きないように、遺留分について検討しておく必要があります。


遺留分対策はいくつかあると思いますが、今日は生命保険を利用した遺留分対策を紹介します。

まず前提として、生命保険の保険金は受取人固有の財産となり、相続財産にはなりません。
また、遺留分は相続財産の額を基準に金額を算定します。

つまり、生命保険に加入して現金・預貯金を減少させれば、その分遺留分額も減少するということです。

例えば、相続財産が預金1億円のみ、相続人が妻と子供一人で、妻だけに財産をあげたい場合、
子供の遺留分額は全体の4分の1なので、2500万円になります。
それを、仮に5000万円の生命保険に加入した場合、預金が5000万円になるので、
子供の遺留分は5000万円の4分の1で1250万円に減少することになります。

またの機会に他の遺留分対策についても紹介します。

今日は以上です。





最新の記事10件を表示

ページ先頭へ

ページ先頭へ

Copyright©2013 司法書士すずかぜ合同事務所  All rights reserved.