【対応地域】江別市、北広島市、札幌市、岩見沢市、南幌町、当別町、その他北海道全域 【対応業務・無料相談】遺産相続手続・不動産の名義変更、遺言等
江別・札幌(厚別)の相続・遺言・生前贈与等|司法書士・土地家屋調査士 すずかぜ合同事務所(旧 清水基陽事務所) > 全件表示 > blog > 知って得する法律豆知識!「死亡保険金は相続財産に含まれるのか?」

TOPICS

知って得する法律豆知識!「死亡保険金は相続財産に含まれるのか?」

更新日付 2013.09.19

こんばんは。

司法書士の大桃です。

今日は、朝から江別の金融機関→南区で会社設立の打ち合わせ→午後から岩見沢の不動産会社→江別で相続に関する出張相談、と一日バタバタしておりました。
忙しいということは本当にありがたいことです。

さて、本題に入りますが、今日は死亡保険金が相続の対象になるのか?という話です。

結論は、受取人に誰が指定されているかによって異なります。

1.受取人を亡くなった方本人に指定していた場合
  死亡保険金は相続財産となります。

2.受取人を亡くなった本人以外に指定していた場合
  死亡保険金は受取人固有の財産になりますので、相続財産となりません。

3.受取人を指定していなかった場合
  保険契約の約款に従うことになります。「被保険者の相続人に支払う」とされている約款が多く、この場合は相続人固有の財産になりますので、相続財産となりません。

注意点としては、受取人固有の財産なので、仮に相続放棄をしていても保険金を受け取れること、また、相続財産とならなくても「みなし相続財産」として課税される可能性があることでしょうか。















最新の記事10件を表示

ページ先頭へ

ページ先頭へ

Copyright©2013 司法書士すずかぜ合同事務所  All rights reserved.