【対応地域】江別市、北広島市、札幌市、岩見沢市、南幌町、当別町、その他北海道全域 【対応業務・無料相談】遺産相続手続・不動産の名義変更、遺言等
江別・札幌(厚別)の相続・遺言・生前贈与等|司法書士・土地家屋調査士 すずかぜ合同事務所(旧 清水基陽事務所) > 全件表示 > blog > 知って得する法律豆知識!「養子に出た子供は実親の相続人になるのか?」

TOPICS

知って得する法律豆知識!「養子に出た子供は実親の相続人になるのか?」

更新日付 2013.09.30

こんばんは。

司法書士の大桃です。

当事務所は「野幌駅南口を出て、線路沿いを札幌方面に徒歩3分」という分かりやすい立地にあるのですが、道に迷われる方が少なからずいらっしゃいます。
そのほとんどが車で来所される方なのですが、やはり、窓看板だと車を運転している方には見えにくいのかもしれません。

そこで、いっそのこと袖看板を付けてしまおうと思い、現在、業者の方とデザインの打ち合わせをしております。

窓看板の3倍以上の費用がかかるので、経営を考えるとなかなか厳しいところではありますが、お客様が利用しやすい事務所になるため、必要不可欠な出費だと思っております。
完成次第、事務所風景にUPいたします。


今日は、「養子に出た子供は実親の相続人になるのか?」です。
シンプルな問いですが、確信を持って答えられる人は案外少ないのではないでしょうか。

結論は、「相続人になる」です。
つまり、実親・養親どちらが亡くなった場合でも相続人になるのです。

ただし、例外はあります。
養子縁組が「特別養子縁組」だった場合です。
特別養子縁組とは、養子が戸籍上も実親との親子関係を断ち切り、養親が養子を実子と同じ扱いにする縁組のことをいいます。
これは、子供が小さいとき(原則6歳未満)にのみ、一定の条件のもとに成立します。

今日は以上です。










最新の記事10件を表示

ページ先頭へ

ページ先頭へ

Copyright©2013 司法書士すずかぜ合同事務所  All rights reserved.